デリケートゾーンの黒ずみの原因は?セルフケアのやり方とオススメアイテムも

皆川 まりも

公開:

「デリケートゾーンの黒ずみの原因ってなんだろう」

「これ以上デリケートゾーン が黒くならないか心配だなぁ」

デリケートゾーンの黒ずみが気になる方は、こんな風に思っていらっしゃるかもしれません。

黒ずんだデリケートゾーンを見ると、どうしてこうなってしまったのか、原因が気になりますよね。

それに原因が分からないと、黒ずみがどんどん濃くならないか不安になるもの。

黒ずみができる主な原因は、デリケートゾーンの肌に刺激が加わることです。

肌は刺激が加わると、黒ずみの原因物質「メラニン」を生成して肌を強くしようとします。

黒ずみケアは、デリケートゾーンへの乾燥を防ぎ、刺激を減らすことが大切

  1. ショーツや衣類との摩擦
  2. デリケートゾーンの乾燥
  3. ムレ・かぶれ・炎症の放置
  4. 不摂生によるターンオーバーの遅れ

黒ずみ対策には、特にこの4つの注意ポイントが原因になることが多いです。

これらぜんぶ、セルフケアで黒ずみ予防できます

この記事では、4つの原因を詳しく解説して、黒ずみケアのやり方についてご紹介

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

黒ずみの原因① ショーツや衣類との摩擦

ショーツ

デリケートゾーンが黒ずむ原因で一番気をつけたいのが、ショーツや衣服との摩擦です。

きつめのショーツや衣服が肌とすれ合うと、肌は刺激に備えて黒ずみの元となる「メラニン」を生成します

また、トイレットペーパーの使い方も黒ずみの原因に。

クシャっと丸めてゴシゴシ拭かず、折りたたんで撫でるように拭き取ると良いですよ。

摩擦が原因の黒ずみ対策

サイズが合わないショーツや服はなるべく避けて、ゆとりのある下着や服を選ぶようにしましょう。

また、体を締め付ける補正下着やガードルも黒ずみの原因です。

使う頻度を減らすなどの対策をしましょう。

普段履くショーツは、肌への刺激が少ないコットンやシルク素材を選ぶのが◎

さらに、縫い目のないものを選べば、黒ずみを少しでも抑えられます

デリケートゾーンの摩擦を和らげるなら、『ジャムウ・モイストガード』がオススメです。

ジャムウ・モイストガードをデリケートゾーンに使うと、角質に保湿成分が浸透。

肌のバリア機能がアップして、下着こすれなど摩擦による刺激から守ってくれます

肌と体に優しいオーガニック素材で、着色料・防腐剤など体に有害な成分は無添加だから、デリケートゾーンにも安心して使えますよ。

摩擦の刺激から守って黒ずみケア!ジャムウ・モイストガードの購入はこちら>>

黒ずみの原因② デリケートゾーンの乾燥

ひび割れた大地

デリケートゾーンが乾燥すると肌のバリア機能が低下して、少しの刺激で黒ずみができやすくなります。

また、デリケートゾーンの洗いすぎにも注意です。

「濡れる」と「乾く」を繰り返すと、肌から潤いが奪われ乾燥しがちなデリケートゾーンになります。

過度なVIO脱毛も乾燥の原因に。

陰毛はデリケートゾーンの適度な湿度を保つ役割があると言われ、無毛のツルツル状態は乾燥しやすくなります

乾燥が原因の黒ずみ対策

肌の乾燥対策といえば保湿です。

乾燥が原因の黒ずみ対策には、デリケートゾーンにも使える低刺激な石鹸で、保湿ができるものが◎。

デリケートゾーンの皮フはまぶたよりも薄く、刺激にとても弱い部分です。

ボディーソープのような洗浄力が強く、刺激が強いもので洗うと、汚れは落ちるかもしれませんが、保湿力は不十分なものが多いですよ。

デリケートゾーンに使えて、黒ずみ対策できる石鹸なら『ジャムウ・ハードバブル』がオススメ。

ジャムウ・ハードバブルはデリケートゾーン専用石鹸です。

黒ずみに高い効果があると評判で、もっちり濃厚泡が「優しい洗浄」と「しっかり保湿」を両立

天然由来の成分のみを使用し、刺激に敏感なデリケートゾーンにも安心して使えます。

デリケートゾーン専用石鹸『ジャムウ・ハードバブル』の詳細はこちら

黒ずみの原因③ ムレ・かぶれ・炎症の放置

しかめっつらの女性

生理中はデリケートゾーンがムレたり、かぶれたりしがち

生理中でなくても、オリモノがデリケートゾーンに付着しているとムレ・かぶれの原因になります。

ムレ・かぶれを放置すると、今度は炎症の原因に。

炎症は治っても、刺激に備えるためメラニンが生成されて、黒ずみになってしまうんです。

ムレ・かぶれ・炎症が原因の黒ずみ対策

サニタリーパンツと生理用品

生理中のムレ・かぶれ・炎症を防ぐには、布ナプキンやコットンのナプキンなど肌への刺激が少ないものを選びましょう

また、通気性の良い生理用パンツも併せて使うと◎。

それでもデリケートゾーンは湿気がこもりやすく、ムレ・かぶれ対策には限界があります

そこでオススメなのが、『LC’Sジャムウ・デリケートウェット』。

LC’Sジャムウ・デリケートウェットは、デリケートゾーン専用のウェットシートです。

気になるオリモノをサッと拭き取り、デリケートゾーンのムレ・かぶれを防げます

使用後はデリケートゾーンがサッパリして、不快感から開放されますよ。

黒ずみ予防のほか、気になるニオイ対策もできるから、急なラブタイムの前でも強い味方になります。

黒ずみやニオイを手軽にエア!LC’Sジャムウ・デリケートウェットの購入はこちら>>

黒ずみの原因④ 不摂生によるターンオーバーの遅れ

肌のターンオーバー図解

デリケートゾーンへの刺激をゼロにはできません

黒ずみができても、古い角質が剥がれ落ち、新しい肌に生まれ変わる「肌のターンオーバー」によって、肌の色は保たれています。

健康な方は約28日周期で肌のターンオーバーが訪れ、黒ずみが目立つことはありません。

ところが、不摂生やホルモンバランスが崩れると、肌のターンオーバーが遅れがちになり、黒ずんだ肌がいつまでも残り続けてしまいます。

肌のターンオーバー遅れが原因の黒ずみ対策

肌のターンオーバーを整えるには健康的な生活を心がけることが一番の方法

  • 栄養バランスの良い食生活
  • 適度な運動
  • ストレスと上手に向き合う
  • 十分な睡眠

ところが、時間に追われがちな日常生活では、なかなか難しいですよね。

そこで日常生活でできる、ちょい足し美白習慣をご紹介

食事では細胞を作るのに必要なタンパク質メラニンの生成を抑える働きがあるビタミンCは積極的に摂取しましょう。

バスタイムはシャワーで済ませず、バスタブに使って半身浴をすると、血行が良くなり肌のターンオーバーが改善しやすくなります。

さらにリラックスできて、ストレス発散にもなりますよ。

寝る前のスマホやテレビを控えるだけで、質の良い睡眠が取れてオススメです。

また肌のターンオーバーの間に、少しでも黒ずみができにくい肌環境を整えることが大切。

黒ずみができる早さよりも、肌のターンオーバーの早さが上回れば、だんだんと黒ずみが目立たなくなります。

『ジャムウ・モイストガード』は、「黒ずみができる早さを遅らせる」効果が期待できますよ。

それは、ジャムウ・モイストガードがデリケートゾーンをたっぷり保湿して、肌のバリア機能を高めるから。

保湿がしっかりできていれば、デリケートゾーンへの刺激も少なくなり、黒ずみができにくくなります。

黒ずみができにくくなる『ジャムウ・モイストガード』の詳細はこちら

デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる方へ…

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

「黒ずみ対策をすると、どのくらいで元の色に戻るの?」

「デリケートゾーンの黒ずみケアって、どうすればいいかわからない…」

ここまで読まれた方は、こんな疑問や不安をお持ちかもしれません。

気になる黒ずみ、早くなんとかしたいですよね。

黒ずみの出来やすさは生活環境以外に、もともとの体質も大きく影響します。

元の色に戻る期間は一概に言えませんが、1ヶ月から数ヶ月かかります。

ですが、日頃の黒ずみケアをしっかりすれば、デリケートゾーンが元の色に戻りやすくなりますよ。

デリケートゾーンの黒ずみケアなら『ジャムウ・モイストガード』がオススメ。

ジャムウ・モイストガードを使えば、肌をみずみずしく保湿し、摩擦や乾燥のダメージを防ぎます

バスタイム後のデイリーケアとして、ジャムウ・モイストガードをデリケートゾーンにひと塗りするだけで、だんだん黒ずみが薄くなっていきますよ。

デリケートゾーンの黒ずみケアの定番アイテム「ジャムウ・モイストガード」について詳しくは↓からチェックできます。

ぜひ、のぞいてみてくださいね。

摩擦の刺激から守って黒ずみケア『ジャムウ・モイストガード』の詳細はこちら